選ばれし者の知的飲料風味なVAPEリキッドの話

VAPEで一服しながら読むVAPEの駄文

STEINS;GATE(シュタインズゲート 通称”シュタゲ”)とコラボレーションをしたVAPEリキッドが2016年2月19日に発売されました。この偉業とも言えるシュタゲとVAPEとのコラボレーションを実現したのは日本のVAPEリキッドメーカーのMK Labさん。シュタインズゲートとのコラボレーションVAPEリキッドが発売されると聞いた時はそういう方向でも攻めるのかと正直驚きました。僕の場合の話ですが知り合いのVAPEに全く興味のない女性からわざわざメールで「選ばれし者の知的飲料風味」なVAPEリキッドが発売されることを知らせてきたくらいですから、発売にはかなりの注目度があったと思われます。

シュタゲとのコラボVAPEリキッドが発売されるだけでも驚くのに「選ばれし者の知的飲料風味」なVAPEリキッドが販売されるのはVAPEショップやオンラインショップのみならずアニメグッズショップでも販売されるということにもっと驚きました。誰がアニメグッズショップにVAPEリキッドが置かれることを想像したでしょうか。いやはや恐れ入ります。

さらに、シュタインズゲートとコラボをしたMK Labさんの「選ばれし者の知的飲料風味」なVAPEリキッドには”FUTURE GADGET 92″の文字があり、これはすなわち”未来ガジェット 92号機”を意味しています。こういった細かい演出も素晴らしいですね。ただ単にシュタゲの名前をパッケージにプリントしただけとは違うこだわりを感じます。

さて「選ばれし者の知的飲料風味」といえばDr. Pepper(ドクターペッパー 通称”ドクペ”)なわけですが、ドクペは20種類以上のフルーツ・フレーバーをブレンドしたその独特の風味せいで日本では一般に浸透するには至らなかった炭酸ドリンクです。まあドクペは慣れると美味しいのですが子供向けの味ではないと思います。僕も十代前半で初めてドクペを飲んだときは一種のトラウマとなり次にドクペに手を出したのはそれから20年以上経った30代後半でした。

そんなドクペもアメリカでは普通に売られており、日本と違って人気があるのかドクペ風味のVAPEリキッドも早くから売られていますし、ネットで検索すればドクペ風味のVAPEリキッドを作るためのDIYレシピも見つかります。基本はコーラ・フレーバーとブラックチェリー・フレーバーで、そこにバニラ・フレーバーやクローブ・フレーバー、サルサパリラ・フレーバーなどをミックスするとドクペ味に近づくとか。

日本では「選ばれし者の知的飲料風味」なVAPEリキッドが受け入れられるのか少し不安でしたが既に試した人のレビューをいくつか見ていると中々好評のようです。ドクペ味を再現しつつ日本人にも受け入れられやすい風味のVAPEリキッドをMK Labさんは創り出したのでありましょう。

シュタゲファンでなくても一度は手にとって試飲してみたくなる「選ばれし者の知的飲料風味」なVAPEリキッド。ただ唯一残念に思ったのは販売価格。30mlボトルで3,000円(税別)という価格は一般的なVAPEリキッドより高めの設定です。まあこれはコラボレーションということで仕方がないのかもしれません。何と言ってもシュタインズゲートとのコラボですからね。

しかしその分とは言っては何ですがリキッドボトルは箱入りで箱には未来ガジェット研究所のラボメンNo.004の”牧瀬 紅莉栖”女史の姿が! できれば今後のシュタゲコラボVAPEリキッドで別のラボメン・バージョンも期待します。

それはまた。

エル・プサイ・コンガリィ