VAPEで使うバッテリーの機内持ち込みの話

VAPEで一服しながら読むVAPEの駄文

旅客機(飛行機)でのリチウムイオン電池の輸送に関する話を定期的に見聞きします。最近だと国際民間航空機関(ICAO)が発表した「旅客機でのリチウムイオン電池の輸送の禁止」が記憶に新しいかと思います。

誤解がないように申しますと、これは貨物として預けるバッテリーが対象なので今のところ手荷物として機内に持ち込むバッテリーは含まれておりません。ですからパソコンや携帯電話等でリチウム(イオン)バッテリーを使用しているものを手荷物として機内に持ち込む場合のルールは今までどおりで問題ありません。

個人的には以前からバッテリー関係は預け入れ荷物に入れてはいけないという認識だったのですが航空会社によって規定がまちまちだったのでしょう。

ではVAPEで使うバッテリーの機内持ち込みはどうなのか?

ここをご覧になられる方の一番の関心はVAPEについてのはずなので国内大手であるJALとANAを例にとって見てみます。

JAL、ANAともに機器に内蔵されているタイプのバッテリーのリチウム含有量が2gを超えるものとワット時定格量が160Whを超えるものに関して機内持ち込みも預け入れも禁止しています。

さて、ここで気になるのは”機内持ち込みも”という部分でしょう。そうするとVAPEのバッテリーが禁止基準に引っかかるのかどうかが焦点になってきます。

まずリチウム含有量についてですが、これはリチウム電池、所謂使い捨ての電池のみが対象なのでVAPEで使う充電式のバッテリーは該当しません。なのでリチウム含有量ってどこに書いてあるんだ?などと頭を悩ます必要はありません。

ちなみにリチウム含有量(g)は定格容量(Ah)に0.3を掛けて算出するとのことなので、仮にVAPEのバッテリーが対象だとしても容量4,500mAhの26650サイズのバッテリーで4.5×0.3=1.35なので計算上はこのバッテリーがVAPE機器の中に入っていても大丈夫ということになります。

次にワット時定格量が160Whという部分ですが、ワット時定格量は以下のように算出します。

  • ワット時定格量(Wh) = 定格容量(Ah) x 定格電圧(V)

先ほどの26650サイズのバッテリーですと4,500mAhに定格電圧の3.7を掛けますので16.65Whということになります。最大電圧の4.2Vで計算したとしても18.9Whと160Whには到底届きません。定格容量の単位は”mAh”ではなく”Ah”であることに注意して下さい。

尚、内蔵ではない予備としてのリチウムイオンバッテリーは100Whを超えるものに関して制限がありますが、上で書いたとおりVAPEで使うようなバッテリーは100Whを大幅に下回っていますので今のところ機内持ち込みはルール上問題ありません(預け入れは全面的に禁止)。

但しきちんとショートしないように個別に保護されている必要がありますから、生セルは専用のシリコンスリーブに入れるなどしてしっかりと絶縁・保護をしてください。またいくら対象外だといっても過剰にバッテリーを持ち込むのはどうかと思います。良識の範囲で対応してください。

最後にVAPE機器は取扱い次第で簡単に事故が起こります。バッテリーが外せるものは外しておき、外せない内蔵式のものは通電ボタンをロックするか主電源をお切りください。どちらの場合もアトマイザーは決して本体に接続したままにしないように! バッテリーとタンクとがオールインワンになった一体型のVAPE機器はコイルユニットを外しておくと良いでしょう。気圧の関係で飛行中は特に漏れやすいのでバッテリーはVAPEリキッド(アトマイザーに入ったままのVAPEリキッドも)等の液体物からは隔離することをお勧めします。

事故が起これば自分のみならず大勢の乗客の命をも危険に晒すことになることを忘れないでください。

※ホバーボード等の電動の乗り物(電動車椅子は例外あり)は無条件に預け入れも手荷物としても禁止されています。この先VAPEもそういったものに分類されないことを祈るばかりです。