FastTechのメジャーなクーポンコード “MAP” の話

VAPEで一服しながら読むVAPEの駄文

FastTechでVAPE商品を買うときはカート画面でとりあえずクーポンコード “MAP” を入れるんじゃというのが亡くなったばあちゃんの口癖だったかどうかは定かでありませんが、FastTechでは何かしらVAPE商品を購入する際に駄目元でMAPを適用してみるというのは良い方法で、値引き用の限定クーポンとしてMAPが採用されていることが今のところ多いです。

まあそんなある意味便利なクーポンコード “MAP” ですがMAPが何の意味を表しているのか気になったので調べてみたところ、どうやら「Minimum Advertised Price」の略だろうということで落ち着きました。意味は「最低広告価格」みたいな感じかと。MAPをたまにメーカー希望小売価格と書かれているところがありますがメーカー希望小売価格はMSRP “Manufacturer’s Suggested Retail Price” のほうですね。「MSRPだと50ドルだから38ドルの価格は相当お得だよ」なんて風に海外のVAPE関連のスレッドでもよく見かける文字です。

因みにFastTechではありませんが海外で他によく目にする “BOGO” というのは「Buy One Get One」の略で「1つ買ったらおまけでもう1つ」ということ。そこから転じて50%オフを意味します。1つの価格で2つ買えるので50%オフということですね。