20700バッテリーとVAPEの話

VAPEで一服しながら読むVAPEの駄文

20700バッテリーのことを自分が耳にしたのは今年の1月後半でしたでしょうか。この20700バッテリーはSANYOブランド(Panasonic)のバッテリーで、今知っている限りでは同ブランドにはNCR20700AとNCR20700Bという2種類が存在しています。

NCR20700Aは公称値が3,100mAhで最大連続放電性能30A、一方NCR20700Bは4,000mAhで最大連続放電性能15Aのフラットトップタイプのバッテリーです。

20700バッテリーのサイズは18650バッテリーと比べると直径が約2mm、長さが約5mm大きく、18650バッテリーの使用を前提で作られているVAPEのバッテリーMODにそのまま使えるサイズではありません。しかし20700バッテリーの性能テストの結果を見たときに、これからこのサイズのバッテリーが使用できるVAPEバッテリーMODが矢継ぎ早に登場してくるだろうという予感がしました。

NCR20700Bは連続放電性能を抑えた分、容量が大きなバッテリー。攻めた使い方をしないのであればVAPEでの使用も可能な十分可能な性能ですが、皆さんが興味を持つのはNCR20700Aのほうだと思います。以下に有志によるバッテリーテストの結果を簡単に挙げておきます。

  • 公称値どおりのハイパフォーマンスなバッテリーで18650バッテリーと比較した場合、より長く、より安全にVAPEが可能
  • SONY VTC5Aと比較して使い始めにおける電圧低下やその電圧の持続性は同等
  • SONY VTC6と比較して20Aで連続放電を行った場合に3.2Vに電圧降下するまでの時間が20%長い
  • LG HB6と比較して20Aで連続放電を行った場合、バッテリーの加熱は5度低く抑えられ、また230%長持ちする

比較に用いられたバッテリーを少し知っている方ならこれだけでもNCR20700Aの優秀さが伝わるのではないでしょうか。

さらに付け加えると許容される最大放電性能は45A(連続放電性能ではない)。2Aでの充電に対応し、それによるバッテリーの寿命の低下も問題ないと考えられるとのことです。ただ現行のXtarやEfestの充電器には何とか収まるものの、やはりサイズの関係で厳しいものがあるようです。20700バッテリー専用の充電器の登場が待たれますね。

さて上で20700バッテリーが使用できるVAPEバッテリーMODが矢継ぎ早に登場してくるだろうと思ったことを書きましたが、既に3DプリントのVAPEバッテリーMODで有名なBoxer Modが20700バッテリーに対応した製品をリリースしています。ここでは販売パートナーであるGinger Vaperの製品ページへのリンクを貼っておきます。

20700バッテリーの入手性にはまだ難がありますが、2017年の前半は20700バッテリーが使用できるVAPEバッテリーMODの動向に注目でしょう。NCR20700Aが手に入る機会があれば先行投資で購入するのもいいんじゃないかと考えています。

最後になりましたがFastTechにこれらNCR20700AとNCR20700Bがラインナップ入りしました。一応オーセンティック表記があるのもののその真偽は定かでありません。まあ現在日本への直接の発送手段は無くなっていますから気にする必要もないのですが……。※既に書いたことと容量に違いがありますが、これはData SheetのRated CapasityではなくTypical Capasityを採用しているためでしょう。